海外旅行の英会話|香港市内|起業

 海外旅行の英会話…香港-格安航空券と香港-ホテル予約だけで香港に行ったときに空港-英会話が必要になりました。それは、まず香港市内まで、どのような方法で行くことが出来るのかを聞かなければわからない状況があったからです。香港の公用語は英語・中国語です。実際は広東語が広く使われていますが、イギリス領だったこともあり、英語はほとんどの場所で通用します。

 環境的に英語、中国語、広東語が使われる環境というのは非常に恵まれた環境だと思います。私たち日本人は日本語だけが話せれば、それほど仕事にも困らない、また生活にも困らない環境ですから外国語に対して、学ばなければいけないという危機感が薄いように思います。しかし、最近では楽天やファーストリテイリングが社内の公用語に英語を選びました。今後も追随する会社が出てくることでしょう。

 トラベル-英会話を英語を学ぶきっかけとして英会話を学んでいけば良いのではないかと思います。

 話は戻り、香港の空港から市内へのアクセスを訊ねようとインフォメーションを訪れてトラベル英会話で市内までのアクセスを訊ねてみるとバスとタクシーを勧められました。バスの場合は、路線を確認して乗る必要がありますが、料金が安い。タクシーなら香港-ホテル名を告げるだけで目的地まで行ってくれます。悩んだ結果、旅行を楽しむには緊張感があったほうがよいとバスに乗ることにしました。

 ガイドブックだけはさすがに持って行ってましたので、路線を間違えることなく、無事に目的地に辿り着くことが出来ました。目的地の香港島・ホテルの近くには日本の自動車メーカーのお店などが多くあり、海外にも日本企業がたくさん進出していることが実感出来ました。そんな周辺の景色を見ていると、ここでトラベル-英会話のような簡単な英会話でも必要なのかと思ってしまいましたが、さすがに日本語は通じませんでした。

運営中のサイト紹介

 当方が運営しているサイトを紹介いたします。現在ネット上に18サイト位あります。もちろん全ての小説が普通に読めるレベルになったとは思っていませんが、こうやって過去を振り返りながら昔の小説を読むとちょっとセンチに成る私が居たりします。暇なときで結構ですので是非とも読んでやってくださいませ。

―――― END of This page.And Copyright-SuemoriTakumu-All Rights Reserved――――
サイト内の文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製・再配布する事は著作権法で禁じられています。

起業しようぜ、拓夢書房のロゴマーク